万葉集3900番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3900番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3900番について

歌番号

3900番

原文

多奈波多之|船乗須良之|麻蘇鏡|吉欲伎月夜尓|雲起和多流

訓読

織女し舟乗りすらしまそ鏡清き月夜に雲立ちわたる

かな読み

たなばたし|ふなのりすらし|まそかがみ|きよきつくよに|くもたちわたる

カタカナ読み

タナバタシ|フナノリスラシ|マソカガミ|キヨキツクヨニ|クモタチワタル

ローマ字読み|大文字

TANABATASHI|FUNANORISURASHI|MASOKAGAMI|KIYOKITSUKUYONI|KUMOTACHIWATARU

ローマ字読み|小文字

tanabatashi|funanorisurashi|masokagami|kiyokitsukuyoni|kumotachiwataru

左注|左註

右一首大伴宿祢家持作

事項|分類・ジャンル

天平10年7月7日年紀|七夕|独詠|枕詞|織女渡河

校異

特に無し

寛永版本

たなばたし,[寛]たなはたの,
ふなのりすらし[寛],
まそかがみ,[寛]まそかかみ,
きよきつくよに,[寛]きよきつきよに,
くもたちわたる[寛],

巻数

第17巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました