万葉集3904番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3904番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3904番について

歌番号

3904番

原文

宇梅能花|伊都波乎良自等|伊登波祢登|佐吉乃盛波|乎思吉物奈利

訓読

梅の花いつは折らじといとはねど咲きの盛りは惜しきものなり

かな読み

うめのはな|いつはをらじと|いとはねど|さきのさかりは|をしきものなり

カタカナ読み

ウメノハナ|イツハヲラジト|イトハネド|サキノサカリハ|ヲシキモノナリ

ローマ字読み|大文字

UMENOHANA|ITSUHAORAJITO|ITOHANEDO|SAKINOSAKARIHA|OSHIKIMONONARI

ローマ字読み|小文字

umenohana|itsuhaorajito|itohanedo|sakinosakariha|oshikimononari

左注|左註

右十二年十<二>月九日大伴宿祢<書>持作

事項|分類・ジャンル

天平12年12月9日年紀|追和|梅花宴|植物

校異

特に無し

寛永版本

うめのはな[寛],
いつはをらじと,[寛]いつはをらしと,
いとはねど,[寛]いとはねと,
さきのさかりは[寛],
をしきものなり[寛],

巻数

第17巻

作者

大伴書持

タイトルとURLをコピーしました