万葉集3914番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3914番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3914番について

歌番号

3914番

原文

保登等藝須|今之来鳴者|餘呂豆代尓|可多理都具倍久|所念可母

訓読

霍公鳥今し来鳴かば万代に語り継ぐべく思ほゆるかも

かな読み

ほととぎす|いましきなかば|よろづよに|かたりつぐべく|おもほゆるかも

カタカナ読み

ホトトギス|イマシキナカバ|ヨロヅヨニ|カタリツグベク|オモホユルカモ

ローマ字読み|大文字

HOTOTOGISU|IMASHIKINAKABA|YOROZUYONI|KATARITSUGUBEKU|OMOHOYURUKAMO

ローマ字読み|小文字

hototogisu|imashikinakaba|yorozuyoni|kataritsugubeku|omohoyurukamo

左注|左註

右傳云|一時交遊集宴|此日此處霍公鳥不喧|仍作件歌|以陳思慕之意|但其宴所并年月未得詳審也

事項|分類・ジャンル

動物|誦詠|宴席|伝誦

校異

歌【西】謌|霍公【類】霍

寛永版本

ほととぎす,[寛]ほとときす,
いましきなかば,[寛]いましきなかは,
よろづよに,[寛]よろつよに,
かたりつぐべく,[寛]かたりつくへく,
おもほゆるかも[寛],

巻数

第17巻

作者

田口馬長

タイトルとURLをコピーしました