万葉集3929番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3929番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3929番について

歌番号

3929番

原文

多妣尓伊仁思|吉美志毛都藝氐|伊米尓美由|安我加多孤悲乃|思氣家礼婆可聞

訓読

旅に去にし君しも継ぎて夢に見ゆ我が片恋の繁ければかも

かな読み

たびにいにし|きみしもつぎて|いめにみゆ|あがかたこひの|しげければかも

カタカナ読み

タビニイニシ|キミシモツギテ|イメニミユ|アガカタコヒノ|シゲケレバカモ

ローマ字読み|大文字

TABINIINISHI|KIMISHIMOTSUGITE|IMENIMIYU|AGAKATAKOHINO|SHIGEKEREBAKAMO

ローマ字読み|小文字

tabiniinishi|kimishimotsugite|imenimiyu|agakatakohino|shigekerebakamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

贈答|大伴家持|羈旅|悲別|恋情|女歌

校異

特に無し

寛永版本

たびにいにし,[寛]たひにいにし,
きみしもつぎて,[寛]きみしもつきて,
いめにみゆ[寛],
あがかたこひの,[寛]あかかたこひの,
しげければかも,[寛]しけけれはかも,

巻数

第17巻

作者

坂上郎女

タイトルとURLをコピーしました