万葉集3972番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3972番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3972番について

歌番号

3972番

原文

伊泥多々武|知加良乎奈美等|許母里為弖|伎弥尓故布流尓|許己呂度母奈思

訓読

出で立たむ力をなみと隠り居て君に恋ふるに心どもなし

かな読み

いでたたむ|ちからをなみと|こもりゐて|きみにこふるに|こころどもなし

カタカナ読み

イデタタム|チカラヲナミト|コモリヰテ|キミニコフルニ|ココロドモナシ

ローマ字読み|大文字

IDETATAMU|CHIKARAONAMITO|KOMORIITE|KIMINIKOFURUNI|KOKORODOMONASHI

ローマ字読み|小文字

idetatamu|chikaraonamito|komoriite|kiminikofuruni|kokorodomonashi

左注|左註

三月三日大伴宿祢家持

事項|分類・ジャンル

天平19年3月3日年紀|贈答|大伴池主書簡|恋情|悲嘆|高岡|富山

校異

特に無し

寛永版本

いでたたむ,[寛]いてたたむ,
ちからをなみと[寛],
こもりゐて[寛],
きみにこふるに[寛],
こころどもなし,[寛]こころともなし,

巻数

第17巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました