万葉集3968番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3968番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3968番について

歌番号

3968番

原文

宇具比須能|伎奈久夜麻夫伎|宇多賀多母|伎美我手敷礼受|波奈知良米夜母

訓読

鴬の来鳴く山吹うたがたも君が手触れず花散らめやも

かな読み

うぐひすの|きなくやまぶき|うたがたも|きみがてふれず|はなちらめやも

カタカナ読み

ウグヒスノ|キナクヤマブキ|ウタガタモ|キミガテフレズ|ハナチラメヤモ

ローマ字読み|大文字

UGUHISUNO|KINAKUYAMABUKI|UTAGATAMO|KIMIGATEFUREZU|HANACHIRAMEYAMO

ローマ字読み|小文字

uguhisuno|kinakuyamabuki|utagatamo|kimigatefurezu|hanachirameyamo

左注|左註

沽洗二日掾大伴宿祢池主

事項|分類・ジャンル

天平19年3月2日年紀|贈答|大伴家持|病気|慰撫|動物|書簡|高岡|富山

校異

特に無し

寛永版本

うぐひすの,[寛]うくひすの,
きなくやまぶき,[寛]きなくやまふき,
うたがたも,[寛]うたかたも,
きみがてふれず,[寛]きみかてふれす,
はなちらめやも[寛],

巻数

第17巻

作者

大伴池主

タイトルとURLをコピーしました