万葉集4001番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4001番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4001番について

歌番号

4001番

原文

多知夜麻尓|布里於家流由伎乎|登己奈都尓|見礼等母安可受|加武賀良奈良之

訓読

立山に降り置ける雪を常夏に見れども飽かず神からならし

かな読み

たちやまに|ふりおけるゆきを|とこなつに|みれどもあかず|かむからならし

カタカナ読み

タチヤマニ|フリオケルユキヲ|トコナツニ|ミレドモアカズ|カムカラナラシ

ローマ字読み|大文字

TACHIYAMANI|FURIOKERUYUKIO|TOKONATSUNI|MIREDOMOAKAZU|KAMUKARANARASHI

ローマ字読み|小文字

tachiyamani|furiokeruyukio|tokonatsuni|miredomoakazu|kamukaranarashi

左注|左註

四月廿七日大伴宿祢家持作之

事項|分類・ジャンル

天平19年4月27日年紀|地名|富山|山讃美|寿歌|儀礼歌|国見|土地讃美

校異

特に無し

寛永版本

たちやまに[寛],
ふりおけるゆきを[寛],
とこなつに[寛],
みれどもあかず,[寛]みれともあかす,
かむからならし[寛],

巻数

第17巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました