万葉集3942番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3942番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3942番について

歌番号

3942番

原文

麻都能波奈|花可受尓之毛|和我勢故我|於母敝良奈久尓|母登奈佐吉都追

訓読

松の花花数にしも我が背子が思へらなくにもとな咲きつつ

かな読み

まつのはな|はなかずにしも|わがせこが|おもへらなくに|もとなさきつつ

カタカナ読み

マツノハナ|ハナカズニシモ|ワガセコガ|オモヘラナクニ|モトナサキツツ

ローマ字読み|大文字

MATSUNOHANA|HANAKAZUNISHIMO|WAGASEKOGA|OMOHERANAKUNI|MOTONASAKITSUTSU

ローマ字読み|小文字

matsunohana|hanakazunishimo|wagasekoga|omoheranakuni|motonasakitsutsu

左注|左註

右件十二首歌者時々寄便使来贈非在<一>度所送也

事項|分類・ジャンル

植物|贈答|恋情|怨恨|大伴家持|女歌

校異

十二首歌【元】歌|->一【西(右書)】【元】【紀】【細】

寛永版本

まつのはな[寛],
はなかずにしも,[寛]はなかすにしも,
わがせこが,[寛]わかせこか,
おもへらなくに[寛],
もとなさきつつ[寛],

巻数

第17巻

作者

平群女郎

タイトルとURLをコピーしました