万葉集4022番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4022番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4022番について

歌番号

4022番

原文

宇佐可河<泊>|和多流瀬於保美|許乃安我馬乃|安我枳乃美豆尓|伎<奴>々礼尓家里

訓読

鵜坂川渡る瀬多みこの我が馬の足掻きの水に衣濡れにけり

かな読み

うさかがは|わたるせおほみ|このあがまの|あがきのみづに|きぬぬれにけり

カタカナ読み

ウサカガハ|ワタルセオホミ|コノアガマノ|アガキノミヅニ|キヌヌレニケリ

ローマ字読み|大文字

USAKAGAHA|WATARUSEOHOMI|KONOAGAMANO|AGAKINOMIZUNI|KINUNURENIKERI

ローマ字読み|小文字

usakagaha|wataruseohomi|konoagamano|agakinomizuni|kinunurenikeri

左注|左註

右件歌詞者|依春出擧巡行諸郡|當時<當>所属目作之|大伴宿祢家持

事項|分類・ジャンル

天平20年春年紀|地名|富山|動物|部内巡航|羈旅

校異

伯->泊【元】【類】【細】【温】|努->奴【元】【類】【紀】【細】

寛永版本

うさかがは,[寛]うさかかは,
わたるせおほみ[寛],
このあがまの,[寛]このあかまの,
あがきのみづに,[寛]あかきのみつに,
きぬぬれにけり[寛],

巻数

第17巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました