万葉集4028番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4028番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4028番について

歌番号

4028番

原文

伊母尓安波受|比左思久奈里奴|尓藝之河波|伎欲吉瀬其登尓|美奈宇良波倍弖奈

訓読

妹に逢はず久しくなりぬ饒石川清き瀬ごとに水占延へてな

かな読み

いもにあはず|ひさしくなりぬ|にぎしがは|きよきせごとに|みなうらはへてな

カタカナ読み

イモニアハズ|ヒサシクナリヌ|ニギシガハ|キヨキセゴトニ|ミナウラハヘテナ

ローマ字読み|大文字

IMONIAHAZU|HISASHIKUNARINU|NIGISHIGAHA|KIYOKISEGOTONI|MINAURAHAHETENA

ローマ字読み|小文字

imoniahazu|hisashikunarinu|nigishigaha|kiyokisegotoni|minaurahahetena

左注|左註

右件歌詞者|依春出擧巡行諸郡|當時<當>所属目作之|大伴宿祢家持

事項|分類・ジャンル

天平20年春年紀|地名|能登|富山|占媿|望郷|羈旅|部内巡航

校異

河->川【元】【類】

寛永版本

いもにあはず,[寛]いもにあはす,
ひさしくなりぬ[寛],
にぎしがは,[寛]にきしかは,
きよきせごとに,[寛]きよきせことに,
みなうらはへてな[寛],

巻数

第17巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました