万葉集3983番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3983番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3983番について

歌番号

3983番

原文

安思比奇能|夜麻毛知可吉乎|保登等藝須|都奇多都麻泥尓|奈仁加吉奈可奴

訓読

あしひきの山も近きを霍公鳥月立つまでに何か来鳴かぬ

かな読み

あしひきの|やまもちかきを|ほととぎす|つきたつまでに|なにかきなかぬ

カタカナ読み

アシヒキノ|ヤマモチカキヲ|ホトトギス|ツキタツマデニ|ナニカキナカヌ

ローマ字読み|大文字

ASHIHIKINO|YAMAMOCHIKAKIO|HOTOTOGISU|TSUKITATSUMADENI|NANIKAKINAKANU

ローマ字読み|小文字

ashihikino|yamamochikakio|hototogisu|tsukitatsumadeni|nanikakinakanu

左注|左註

霍公鳥者立夏之日来鳴必定|又越中風土希有橙橘也|因此大伴宿祢家持感發於懐聊於裁此歌|[三月廿九日]

事項|分類・ジャンル

天平19年3月29日年紀|枕詞|動物|怨恨|高岡|富山

校異

歌【西】謌

寛永版本

あしひきの[寛],
やまもちかきを[寛],
ほととぎす,[寛]ほとときす,
つきたつまでに,[寛]つきたつまてに,
なにかきなかぬ[寛],

巻数

第17巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました