万葉集3940番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3940番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

万葉集3940番について

歌番号

3940番

原文

餘呂豆代尓|許己呂波刀氣氐|和我世古我|都美之<手>見都追|志乃備加祢都母

訓読

万代に心は解けて我が背子が捻みし手見つつ忍びかねつも

かな読み

よろづよに|こころはとけて|わがせこが|つみしてみつつ|しのびかねつも

カタカナ読み

ヨロヅヨニ|ココロハトケテ|ワガセコガ|ツミシテミツツ|シノビカネツモ

ローマ字読み|大文字

YOROZUYONI|KOKOROHATOKETE|WAGASEKOGA|TSUMISHITEMITSUTSU|SHINOBIKANETSUMO

ローマ字読み|小文字

yorozuyoni|kokorohatokete|wagasekoga|tsumishitemitsutsu|shinobikanetsumo

左注|左註

右件十二首歌者時々寄便使来贈非在<一>度所送也

事項|分類・ジャンル

贈答|大伴家持|恋情|女歌

校異

尓【元】等|乎->手【元】

寛永版本

よろづよに,[寛]よろつよに,
こころはとけて[寛],
わがせこが,[寛]わかせこか,
つみしてみつつ,[寛]つみしをみつつ,
しのびかねつも,[寛]しのひかねつも,

巻数

第17巻

作者

平群女郎

タイトルとURLをコピーしました