万葉集3938番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3938番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3938番について

歌番号

3938番

原文

可久能未也|安我故非乎浪牟|奴婆多麻能|欲流乃比毛太尓|登吉佐氣受之氐

訓読

かくのみや我が恋ひ居らむぬばたまの夜の紐だに解き放けずして

かな読み

かくのみや|あがこひをらむ|ぬばたまの|よるのひもだに|ときさけずして

カタカナ読み

カクノミヤ|アガコヒヲラム|ヌバタマノ|ヨルノヒモダニ|トキサケズシテ

ローマ字読み|大文字

KAKUNOMIYA|AGAKOHIORAMU|NUBATAMANO|YORUNOHIMODANI|TOKISAKEZUSHITE

ローマ字読み|小文字

kakunomiya|agakohioramu|nubatamano|yorunohimodani|tokisakezushite

左注|左註

右件十二首歌者時々寄便使来贈非在<一>度所送也

事項|分類・ジャンル

枕詞|贈答|大伴家持|恋情|悲別|女歌

校異

特に無し

寛永版本

かくのみや[寛],
あがこひをらむ,[寛]あかこひをらむ,
ぬばたまの,[寛]ぬはたまの,
よるのひもだに,[寛]よるのひもたに,
ときさけずして,[寛]ときさけすして,

巻数

第17巻

作者

平群女郎

タイトルとURLをコピーしました