万葉集3961番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3961番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3961番について

歌番号

3961番

原文

白浪乃|余須流伊蘇<未>乎|榜船乃|可治登流間奈久|於母保要之伎美

訓読

白波の寄する礒廻を漕ぐ舟の楫取る間なく思ほえし君

かな読み

しらなみの|よするいそみを|こぐふねの|かぢとるまなく|おもほえしきみ

カタカナ読み

シラナミノ|ヨスルイソミヲ|コグフネノ|カヂトルマナク|オモホエシキミ

ローマ字読み|大文字

SHIRANAMINO|YOSURUISOMIO|KOGUFUNENO|KAJITORUMANAKU|OMOHOESHIKIMI

ローマ字読み|小文字

shiranamino|yosuruisomio|kogufuneno|kajitorumanaku|omohoeshikimi

左注|左註

右以天平十八年八月掾大伴宿祢池主附大帳使赴向京師|而同年十一月還到本任|仍設詩酒之宴弾絲飲樂|是<日>也白雪忽降積地尺餘|此時也復漁夫之船入海浮瀾|爰守大伴宿祢家持寄情二眺聊裁所心

事項|分類・ジャンル

天平18年11月年紀|宴席|大伴池主|恋情|寄物陳思|高岡|富山

校異

末->未【温】|天平十八年八月【元】八月|->日【元】【類】【紀】

寛永版本

しらなみの[寛],
よするいそみを,[寛]よするいそまを,
こぐふねの,[寛]こくふねの,
かぢとるまなく,[寛]かちとるまなく,
おもほえしきみ[寛],

巻数

第17巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました