万葉集3902番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3902番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3902番について

歌番号

3902番

原文

烏梅乃花|美夜万等之美尓|安里登母也|如此乃未君波|見礼登安可尓勢牟

訓読

梅の花み山としみにありともやかくのみ君は見れど飽かにせむ

かな読み

うめのはな|みやまとしみに|ありともや|かくのみきみは|みれどあかにせむ

カタカナ読み

ウメノハナ|ミヤマトシミニ|アリトモヤ|カクノミキミハ|ミレドアカニセム

ローマ字読み|大文字

UMENOHANA|MIYAMATOSHIMINI|ARITOMOYA|KAKUNOMIKIMIHA|MIREDOAKANISEMU

ローマ字読み|小文字

umenohana|miyamatoshimini|aritomoya|kakunomikimiha|miredoakanisemu

左注|左註

右十二年十<二>月九日大伴宿祢<書>持作

事項|分類・ジャンル

天平12年12月9日年紀|追和|梅花宴|植物

校異

此【元】是|可【元】加

寛永版本

うめのはな[寛],
みやまとしみに[寛],
ありともや[寛],
かくのみきみは[寛],
みれどあかにせむ,[寛]みれとあかにせむ,

巻数

第17巻

作者

大伴書持

タイトルとURLをコピーしました