万葉集3912番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3912番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3912番について

歌番号

3912番

原文

保登等藝須|奈尓乃情曽|多知花乃|多麻奴久月之|来鳴登餘牟流

訓読

霍公鳥何の心ぞ橘の玉貫く月し来鳴き響むる

かな読み

ほととぎす|なにのこころぞ|たちばなの|たまぬくつきし|きなきとよむる

カタカナ読み

ホトトギス|ナニノココロゾ|タチバナノ|タマヌクツキシ|キナキトヨムル

ローマ字読み|大文字

HOTOTOGISU|NANINOKOKOROZO|TACHIBANANO|TAMANUKUTSUKISHI|KINAKITOYOMURU

ローマ字読み|小文字

hototogisu|naninokokorozo|tachibanano|tamanukutsukishi|kinakitoyomuru

左注|左註

右四月三日内舎人大伴宿祢家持従久邇京報送弟書持

事項|分類・ジャンル

天平13年4月3日年紀|動物|植物|贈答|大伴書持|恭仁京|京都

校異

特に無し

寛永版本

ほととぎす,[寛]ほとときす,
なにのこころぞ,[寛]なにのこころそ,
たちばなの,[寛]たちはなの,
たまぬくつきし[寛],
きなきとよむる[寛],

巻数

第17巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました