万葉集3966番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3966番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3966番について

歌番号

3966番

原文

宇具比須乃|奈枳知良須良武|春花|伊都思香伎美登|多乎里加射左牟

訓読

鴬の鳴き散らすらむ春の花いつしか君と手折りかざさむ

かな読み

うぐひすの|なきちらすらむ|はるのはな|いつしかきみと|たをりかざさむ

カタカナ読み

ウグヒスノ|ナキチラスラム|ハルノハナ|イツシカキミト|タヲリカザサム

ローマ字読み|大文字

UGUHISUNO|NAKICHIRASURAMU|HARUNOHANA|ITSUSHIKAKIMITO|TAORIKAZASAMU

ローマ字読み|小文字

uguhisuno|nakichirasuramu|harunohana|itsushikakimito|taorikazasamu

左注|左註

<二>月廿九日大伴宿祢家持

事項|分類・ジャンル

天平20年2月29日年紀|贈答|大伴池主|病気|悲嘆|書簡|高岡|富山

校異

天平廿年二->二【元】

寛永版本

うぐひすの,[寛]うくひすの,
なきちらすらむ[寛],
はるのはな[寛],
いつしかきみと[寛],
たをりかざさむ,[寛]たをりかささむ,

巻数

第17巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました