万葉集3956番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3956番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3956番について

歌番号

3956番

原文

奈呉能安麻能|都里須流布祢波|伊麻許曽婆|敷奈太那宇知氐|安倍弖許藝泥米

訓読

奈呉の海人の釣する舟は今こそば舟棚打ちてあへて漕ぎ出め

かな読み

なごのあまの|つりするふねは|いまこそば|ふなだなうちて|あへてこぎでめ

カタカナ読み

ナゴノアマノ|ツリスルフネハ|イマコソバ|フナダナウチテ|アヘテコギデメ

ローマ字読み|大文字

NAGONOAMANO|TSURISURUFUNEHA|IMAKOSOBA|FUNADANAUCHITE|AHETEKOGIDEME

ローマ字読み|小文字

nagonoamano|tsurisurufuneha|imakosoba|funadanauchite|ahetekogideme

左注|左註

右館之客屋居望蒼海|仍主人八千嶋作此歌也

事項|分類・ジャンル

宴席|地名|高岡|富山

校異

八千嶋作【元】【古】作|歌【西】謌

寛永版本

なごのあまの,[寛]なこのあまの,
つりするふねは[寛],
いまこそば,[寛]いまこそは,
ふなだなうちて,[寛]ふなたなうちて,
あへてこぎでめ,[寛]あへてこきてめ,

巻数

第17巻

作者

秦八千島

タイトルとURLをコピーしました