万葉集3928番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3928番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3928番について

歌番号

3928番

原文

伊麻能<其>等|古非之久伎美我|於毛保要婆|伊可尓加母世牟|須流須邊乃奈左

訓読

今のごと恋しく君が思ほえばいかにかもせむするすべのなさ

かな読み

いまのごと|こひしくきみが|おもほえば|いかにかもせむ|するすべのなさ

カタカナ読み

イマノゴト|コヒシクキミガ|オモホエバ|イカニカモセム|スルスベノナサ

ローマ字読み|大文字

IMANOGOTO|KOHISHIKUKIMIGA|OMOHOEBA|IKANIKAMOSEMU|SURUSUBENONASA

ローマ字読み|小文字

imanogoto|kohishikukimiga|omohoeba|ikanikamosemu|surusubenonasa

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

天平18年閏7月年紀|贈答|出発|羈旅|女歌|悲別|大伴家持

校異

去->其【元】【紀】【細】【温】

寛永版本

いまのごと,[寛]いまのこと,
こひしくきみが,[寛]こひしくきみか,
おもほえば,[寛]おもほえは,
いかにかもせむ[寛],
するすべのなさ,[寛]するすへのなさ,

巻数

第17巻

作者

坂上郎女

タイトルとURLをコピーしました