万葉集3967番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3967番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3967番について

歌番号

3967番

原文

夜麻我比<邇>|佐家流佐久良乎|多太比等米|伎美尓弥西氐婆|奈尓乎可於母波牟

訓読

山峽に咲ける桜をただ一目君に見せてば何をか思はむ

かな読み

やまがひに|さけるさくらを|ただひとめ|きみにみせてば|なにをかおもはむ

カタカナ読み

ヤマガヒニ|サケルサクラヲ|タダヒトメ|キミニミセテバ|ナニヲカオモハム

ローマ字読み|大文字

YAMAGAHINI|SAKERUSAKURAO|TADAHITOME|KIMINIMISETEBA|NANIOKAOMOHAMU

ローマ字読み|小文字

yamagahini|sakerusakurao|tadahitome|kiminimiseteba|naniokaomohamu

左注|左註

沽洗二日掾大伴宿祢池主

事項|分類・ジャンル

天平19年3月2日年紀|贈答|大伴家持|病気|慰撫|書簡|高岡|富山

校異

點->黙【元】【紀】【温】|已俗->已【西(訂正)】【元】【紀】【温】|尓->邇【元】【類】

寛永版本

やまがひに,[寛]やまかひに,
さけるさくらを[寛],
ただひとめ,[寛]たたひとめ,
きみにみせてば,[寛]きみにみせては,
なにをかおもはむ[寛],

巻数

第17巻

作者

大伴池主

タイトルとURLをコピーしました