万葉集3901番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3901番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3901番について

歌番号

3901番

原文

民布由都藝|芳流波吉多礼登|烏梅能芳奈|君尓之安良祢婆|遠<久>人毛奈之

訓読

み冬継ぎ春は来たれど梅の花君にしあらねば招く人もなし

かな読み

みふゆつぎ|はるはきたれど|うめのはな|きみにしあらねば|をくひともなし

カタカナ読み

ミフユツギ|ハルハキタレド|ウメノハナ|キミニシアラネバ|ヲクヒトモナシ

ローマ字読み|大文字

MIFUYUTSUGI|HARUHAKITAREDO|UMENOHANA|KIMINISHIARANEBA|OKUHITOMONASHI

ローマ字読み|小文字

mifuyutsugi|haruhakitaredo|umenohana|kiminishiaraneba|okuhitomonashi

左注|左註

右十二年十<二>月九日大伴宿祢<書>持作

事項|分類・ジャンル

天平12年12月9日年紀|追和|梅花宴|植物

校異

太->大【元】【類】【紀】【温】|流->久【元】

寛永版本

みふゆつぎ,[寛]みふゆつき,
はるはきたれど,[寛]はるはきたれと,
うめのはな[寛],
きみにしあらねば,[寛]きみにしあらねは,
をくひともなし,[寛]をるひともなし,

巻数

第17巻

作者

大伴書持

タイトルとURLをコピーしました