万葉集3981番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3981番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3981番について

歌番号

3981番

原文

安之比奇能|夜麻伎敝奈里氐|等保家騰母|許己呂之遊氣婆|伊米尓美要家里

訓読

あしひきの山きへなりて遠けども心し行けば夢に見えけり

かな読み

あしひきの|やまきへなりて|とほけども|こころしゆけば|いめにみえけり

カタカナ読み

アシヒキノ|ヤマキヘナリテ|トホケドモ|ココロシユケバ|イメニミエケリ

ローマ字読み|大文字

ASHIHIKINO|YAMAKIHENARITE|TOHOKEDOMO|KOKOROSHIYUKEBA|IMENIMIEKERI

ローマ字読み|小文字

ashihikino|yamakihenarite|tohokedomo|kokoroshiyukeba|imenimiekeri

左注|左註

右三月廿日夜裏忽兮起戀情作|大伴宿祢家持

事項|分類・ジャンル

天平19年3月20日年紀|枕詞|望郷|恋情|悲別|高岡|富山

校異

特に無し

寛永版本

あしひきの[寛],
やまきへなりて[寛],
とほけども,[寛]とほけとも,
こころしゆけば,[寛]こころしゆけは,
いめにみえけり[寛],

巻数

第17巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました