万葉集3949番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3949番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3949番について

歌番号

3949番

原文

安麻射加流|比奈尓安流和礼乎|宇多我多毛|比<母>登吉佐氣氐|於毛保須良米也

訓読

天離る鄙にある我れをうたがたも紐解き放けて思ほすらめや

かな読み

あまざかる|ひなにあるわれを|うたがたも|ひもときさけて|おもほすらめや

カタカナ読み

アマザカル|ヒナニアルワレヲ|ウタガタモ|ヒモトキサケテ|オモホスラメヤ

ローマ字読み|大文字

AMAZAKARU|HINANIARUWAREO|UTAGATAMO|HIMOTOKISAKETE|OMOHOSURAMEYA

ローマ字読み|小文字

amazakaru|hinaniaruwareo|utagatamo|himotokisakete|omohosurameya

左注|左註

右一首掾大伴宿祢池主

事項|分類・ジャンル

天平18年8月7日年紀|枕詞|恋愛|宴席|高岡|富山

校異

母毛->母【元】【類】【細】【温】

寛永版本

あまざかる,[寛]あまさかる,
ひなにあるわれを[寛],
うたがたも,[寛]うたかたも,
ひもときさけて,[寛]ひももときさけて,
おもほすらめや[寛],

巻数

第17巻

作者

大伴池主

タイトルとURLをコピーしました