万葉集3915番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3915番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3915番について

歌番号

3915番

原文

安之比奇能|山谷古延氐|野豆加佐尓|今者鳴良武|宇具比須乃許恵

訓読

あしひきの山谷越えて野づかさに今は鳴くらむ鴬の声

かな読み

あしひきの|やまたにこえて|のづかさに|いまはなくらむ|うぐひすのこゑ

カタカナ読み

アシヒキノ|ヤマタニコエテ|ノヅカサニ|イマハナクラム|ウグヒスノコヱ

ローマ字読み|大文字

ASHIHIKINO|YAMATANIKOETE|NOZUKASANI|IMAHANAKURAMU|UGUHISUNOKOE

ローマ字読み|小文字

ashihikino|yamatanikoete|nozukasani|imahanakuramu|uguhisunokoe

左注|左註

右年月所處未得詳審|但随聞之時記載於茲

事項|分類・ジャンル

古歌|伝誦|動物|枕詞

校異

歌【西】謌

寛永版本

あしひきの[寛],
やまたにこえて[寛],
のづかさに,[寛]のつかさに,
いまはなくらむ[寛],
うぐひすのこゑ,[寛]うくひすのこゑ

巻数

第17巻

作者

山部赤人

タイトルとURLをコピーしました