万葉集3894番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3894番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3894番について

歌番号

3894番

原文

淡路嶋|刀和多流船乃|可治麻尓毛|吾波和須礼受|伊弊乎之曽於毛布

訓読

淡路島門渡る船の楫間にも我れは忘れず家をしぞ思ふ

かな読み

あはぢしま|とわたるふねの|かぢまにも|われはわすれず|いへをしぞおもふ

カタカナ読み

アハヂシマ|トワタルフネノ|カヂマニモ|ワレハワスレズ|イヘヲシゾオモフ

ローマ字読み|大文字

AHAJISHIMA|TOWATARUFUNENO|KAJIMANIMO|WAREHAWASUREZU|IHEOSHIZOMOFU

ローマ字読み|小文字

ahajishima|towatarufuneno|kajimanimo|warehawasurezu|iheoshizomofu

左注|左註

右九首作者不審姓名

事項|分類・ジャンル

天平2年11月年紀|旅人従者|羈旅|地名|淡路|兵庫|序詞|望郷|大伴旅人

校異

特に無し

寛永版本

あはぢしま,[寛]あはちしま,
とわたるふねの[寛],
かぢまにも,[寛]かちまにも,
われはわすれず,[寛]われはわすれす,
いへをしぞおもふ,[寛]いへをしそおもふ,

巻数

第17巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました