万葉集3952番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3952番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3952番について

歌番号

3952番

原文

伊毛我伊敝尓|伊久里能母里乃|藤花|伊麻許牟春<母>|都祢加久之見牟

訓読

妹が家に伊久里の杜の藤の花今来む春も常かくし見む

かな読み

いもがいへに|いくりのもりの|ふぢのはな|いまこむはるも|つねかくしみむ

カタカナ読み

イモガイヘニ|イクリノモリノ|フヂノハナ|イマコムハルモ|ツネカクシミム

ローマ字読み|大文字

IMOGAIHENI|IKURINOMORINO|FUJINOHANA|IMAKOMUHARUMO|TSUNEKAKUSHIMIMU

ローマ字読み|小文字

imogaiheni|ikurinomorino|fujinohana|imakomuharumo|tsunekakushimimu

左注|左註

右一首傳誦僧玄勝是也

事項|分類・ジャンル

天平18年8月7日年紀|古歌|伝誦|大原高安|大伴家持|宴席|枕詞|恋愛|高岡|富山

校異

毛->母【元】【類】|加【元】(塙)賀

寛永版本

いもがいへに,[寛]いもかいへに,
いくりのもりの[寛],
ふぢのはな,[寛]ふちのはな,
いまこむはるも[寛],
つねかくしみむ[寛],

巻数

第17巻

作者

玄勝

タイトルとURLをコピーしました