万葉集3893番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3893番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3893番について

歌番号

3893番

原文

昨日許曽|敷奈R婆勢之可|伊佐魚取|比治奇乃奈太乎|今日見都流香母

訓読

昨日こそ船出はせしか鯨魚取り比治奇の灘を今日見つるかも

かな読み

きのふこそ|ふなではせしか|いさなとり|ひぢきのなだを|けふみつるかも

カタカナ読み

キノフコソ|フナデハセシカ|イサナトリ|ヒヂキノナダヲ|ケフミツルカモ

ローマ字読み|大文字

KINOFUKOSO|FUNADEHASESHIKA|ISANATORI|HIJIKINONADAO|KEFUMITSURUKAMO

ローマ字読み|小文字

kinofukoso|funadehaseshika|isanatori|hijikinonadao|kefumitsurukamo

左注|左註

右九首作者不審姓名

事項|分類・ジャンル

天平2年11月年紀|旅人従者|羈旅|枕詞|地名|響灘|山口|土地讃美|大伴旅人

校異

特に無し

寛永版本

きのふこそ[寛],
ふなではせしか,[寛]ふなてはかしか,
いさなとり[寛],
ひぢきのなだを,[寛]ひちきのなたを,
けふみつるかも[寛],

巻数

第17巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました