万葉集3971番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3971番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3971番について

歌番号

3971番

原文

夜麻扶枳能|之氣美<登>i久々|鴬能|許恵乎聞良牟|伎美波登母之毛

訓読

山吹の茂み飛び潜く鴬の声を聞くらむ君は羨しも

かな読み

やまぶきの|しげみとびくく|うぐひすの|こゑをきくらむ|きみはともしも

カタカナ読み

ヤマブキノ|シゲミトビクク|ウグヒスノ|コヱヲキクラム|キミハトモシモ

ローマ字読み|大文字

YAMABUKINO|SHIGEMITOBIKUKU|UGUHISUNO|KOEOKIKURAMU|KIMIHATOMOSHIMO

ローマ字読み|小文字

yamabukino|shigemitobikuku|uguhisuno|koeokikuramu|kimihatomoshimo

左注|左註

三月三日大伴宿祢家持

事項|分類・ジャンル

天平19年3月3日年紀|贈答|大伴池主書簡|枕詞|植物|動物|恋情|悲嘆|高岡|富山

校異

等->登【元】【類】【紀】【細】

寛永版本

やまぶきの,[寛]やまふきの,
しげみとびくく,[寛]しけみとひくく,
うぐひすの,[寛]うくひすの,
こゑをきくらむ[寛],
きみはともしも[寛],

巻数

第17巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました