万葉集3906番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3906番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3906番について

歌番号

3906番

原文

御苑布能|百木乃宇梅乃|落花之|安米尓登妣安我里|雪等敷里家牟

訓読

御園生の百木の梅の散る花し天に飛び上がり雪と降りけむ

かな読み

みそのふの|ももきのうめの|ちるはなし|あめにとびあがり|ゆきとふりけむ

カタカナ読み

ミソノフノ|モモキノウメノ|チルハナシ|アメニトビアガリ|ユキトフリケム

ローマ字読み|大文字

MISONOFUNO|MOMOKINOMENO|CHIRUHANASHI|AMENITOBIAGARI|YUKITOFURIKEMU

ローマ字読み|小文字

misonofuno|momokinomeno|chiruhanashi|amenitobiagari|yukitofurikemu

左注|左註

右十二年十<二>月九日大伴宿祢<書>持作

事項|分類・ジャンル

天平12年12月9日年紀|追和|梅花宴|植物

校異

一->二【元】|家->書【元】

寛永版本

みそのふの[寛],
ももきのうめの[寛],
ちるはなし,[寛]ちるはなの,
あめにとびあがり,[寛]あめにとひあかり,
ゆきとふりけむ[寛],

巻数

第17巻

作者

大伴書持

タイトルとURLをコピーしました