万葉集3882番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3882番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3882番について

歌番号

3882番

原文

澁谿乃|二上山尓|鷲曽子産跡云|指羽尓毛|君之御為尓|鷲曽子生跡云

訓読

渋谿の二上山に鷲ぞ子産むといふ翳にも君のみために鷲ぞ子産むといふ

かな読み

しぶたにの|ふたがみやまに|わしぞこむといふ|さしはにも|きみのみために|わしぞこむといふ

カタカナ読み

シブタニノ|フタガミヤマニ|ワシゾコムトイフ|サシハニモ|キミノミタメニ|ワシゾコムトイフ

ローマ字読み|大文字

SHIBUTANINO|FUTAGAMIYAMANI|WASHIZOKOMUTOIFU|SASHIHANIMO|KIMINOMITAMENI|WASHIZOKOMUTOIFU

ローマ字読み|小文字

shibutanino|futagamiyamani|washizokomutoifu|sashihanimo|kiminomitameni|washizokomutoifu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|富山|地名|民謡|歌謡|旋頭歌

校異

特に無し

寛永版本

しぶたにの,[寛]しふたにの,
ふたがみやまに,[寛]ふたかみやまに,
わしぞこむといふ,[寛]わしそこうむといふ,
さしはにも[寛],
きみのみために,[寛]きみかみために,
わしぞこむといふ,[寛]わしそこうむといふ,

巻数

第16巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました