万葉集3977番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3977番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3977番について

歌番号

3977番

原文

安之可伎能|保加尓母伎美我|余里多々志|孤悲家礼許<曽>婆|伊米尓見要家礼

訓読

葦垣の外にも君が寄り立たし恋ひけれこそば夢に見えけれ

かな読み

あしかきの|ほかにもきみが|よりたたし|こひけれこそば|いめにみえけれ

カタカナ読み

アシカキノ|ホカニモキミガ|ヨリタタシ|コヒケレコソバ|イメニミエケレ

ローマ字読み|大文字

ASHIKAKINO|HOKANIMOKIMIGA|YORITATASHI|KOHIKEREKOSOBA|IMENIMIEKERE

ローマ字読み|小文字

ashikakino|hokanimokimiga|yoritatashi|kohikerekosoba|imenimiekere

左注|左註

三月五日大伴宿祢家持臥病作之

事項|分類・ジャンル

天平19年3月5日年紀|贈答|大伴池主|病気|恋情|高岡|富山|書簡

校異

古->曽【西(訂正左書)】【元】【類】【紀】

寛永版本

あしかきの[寛],
ほかにもきみが,[寛]ほかにもきみか,
よりたたし[寛],
こひけれこそば,[寛]こひけれこそは,
いめにみえけれ[寛],

巻数

第17巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました