万葉集3930番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3930番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3930番について

歌番号

3930番

原文

美知乃奈加|久尓都美可未波|多妣由伎母|之思良奴伎美乎|米具美多麻波奈

訓読

道の中国つみ神は旅行きもし知らぬ君を恵みたまはな

かな読み

みちのなか|くにつみかみは|たびゆきも|ししらぬきみを|めぐみたまはな

カタカナ読み

ミチノナカ|クニツミカミハ|タビユキモ|シシラヌキミヲ|メグミタマハナ

ローマ字読み|大文字

MICHINONAKA|KUNITSUMIKAMIHA|TABIYUKIMO|SHISHIRANUKIMIO|MEGUMITAMAHANA

ローマ字読み|小文字

michinonaka|kunitsumikamiha|tabiyukimo|shishiranukimio|megumitamahana

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

贈答|羈旅|悲別|手向醎|大伴家持|女歌

校異

特に無し

寛永版本

みちのなか[寛],
くにつみかみは[寛],
たびゆきも,[寛]たひゆきも,
ししらぬきみを[寛],
めぐみたまはな,[寛]めくみたまはな,

巻数

第17巻

作者

坂上郎女

タイトルとURLをコピーしました