万葉集3944番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3944番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3944番について

歌番号

3944番

原文

乎美奈敝之|左伎多流野邊乎|由伎米具利|吉美乎念出|多母登保里伎奴

訓読

をみなへし咲きたる野辺を行き廻り君を思ひ出た廻り来ぬ

かな読み

をみなへし|さきたるのへを|ゆきめぐり|きみをおもひで|たもとほりきぬ

カタカナ読み

ヲミナヘシ|サキタルノヘヲ|ユキメグリ|キミヲオモヒデ|タモトホリキヌ

ローマ字読み|大文字

OMINAHESHI|SAKITARUNOHEO|YUKIMEGURI|KIMIOMOHIDE|TAMOTOHORIKINU

ローマ字読み|小文字

ominaheshi|sakitarunoheo|yukimeguri|kimiomohide|tamotohorikinu

左注|左註

右三首掾大伴宿祢池主作

事項|分類・ジャンル

天平18年8月7日年紀|植物|恋愛|宴席|大伴家持

校異

特に無し

寛永版本

をみなへし[寛],
さきたるのへを[寛],
ゆきめぐり,[寛]ゆきめくり,
きみをおもひで,[寛]きみをおもひて,
たもとほりきぬ[寛],

巻数

第17巻

作者

大伴池主

タイトルとURLをコピーしました