万葉集3811番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3811番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3811番について

歌番号

3811番

原文

左耳通良布|君之三言等|玉梓乃|使毛不来者|憶病|吾身一曽|千<磐>破|神尓毛莫負|卜部座|龜毛莫焼曽|戀之久尓|痛吾身曽|伊知白苦|身尓染<登>保里|村肝乃|心砕而|将死命|尓波可尓成奴|今更|君可吾乎喚|足千根乃|母之御事歟|百不足|八十乃衢尓|夕占尓毛|卜尓毛曽問|應死吾之故

訓読

さ丹つらふ|君がみ言と|玉梓の|使も来ねば|思ひ病む|我が身ひとつぞ|ちはやぶる|神にもな負ほせ|占部据ゑ|亀もな焼きそ|恋ひしくに|痛き我が身ぞ|いちしろく|身にしみ通り|むらきもの|心砕けて|死なむ命|にはかになりぬ|今さらに|君か我を呼ぶ|たらちねの|母のみ言か|百足らず|八十の衢に|夕占にも|占にもぞ問ふ|死ぬべき我がゆゑ

かな読み

さにつらふ|きみがみことと|たまづさの|つかひもこねば|おもひやむ|あがみひとつぞ|ちはやぶる|かみにもなおほせ|うらへすゑ|かめもなやきそ|こひしくに|いたきあがみぞ|いちしろく|みにしみとほり|むらきもの|こころくだけて|しなむいのち|にはかになりぬ|いまさらに|きみかわをよぶ|たらちねの|ははのみことか|ももたらず|やそのちまたに|ゆふけにも|うらにもぞとふ|しぬべきわがゆゑ

カタカナ読み

サニツラフ|キミガミコトト|タマヅサノ|ツカヒモコネバ|オモヒヤム|アガミヒトツゾ|チハヤブル|カミニモナオホセ|ウラヘスヱ|カメモナヤキソ|コヒシクニ|イタキアガミゾ|イチシロク|ミニシミトホリ|ムラキモノ|ココロクダケテ|シナムイノチ|ニハカニナリヌ|イマサラニ|キミカワヲヨブ|タラチネノ|ハハノミコトカ|モモタラズ|ヤソノチマタニ|ユフケニモ|ウラニモゾトフ|シヌベキワガユヱ

ローマ字読み|大文字

SANITSURAFU|KIMIGAMIKOTOTO|TAMAZUSANO|TSUKAHIMOKONEBA|OMOHIYAMU|AGAMIHITOTSUZO|CHIHAYABURU|KAMINIMONAOHOSE|URAHESUE|KAMEMONAYAKISO|KOHISHIKUNI|ITAKIAGAMIZO|ICHISHIROKU|MINISHIMITOHORI|MURAKIMONO|KOKOROKUDAKETE|SHINAMUINOCHI|NIHAKANINARINU|IMASARANI|KIMIKAWAOYOBU|TARACHINENO|HAHANOMIKOTOKA|MOMOTARAZU|YASONOCHIMATANI|YUFUKENIMO|URANIMOZOTOFU|SHINUBEKIWAGAYUE

ローマ字読み|小文字

sanitsurafu|kimigamikototo|tamazusano|tsukahimokoneba|omohiyamu|agamihitotsuzo|chihayaburu|kaminimonaohose|urahesue|kamemonayakiso|kohishikuni|itakiagamizo|ichishiroku|minishimitohori|murakimono|kokorokudakete|shinamuinochi|nihakaninarinu|imasarani|kimikawaoyobu|tarachineno|hahanomikotoka|momotarazu|yasonochimatani|yufukenimo|uranimozotofu|shinubekiwagayue

左注|左註

右傳云|時有娘子|姓車持氏也|其夫久逕年序不作徃来|于時娘子係戀傷心|沈臥痾エ|痩羸日異忽臨泉路|於是遣使喚其夫君来|而乃歔欷流渧口号斯歌|登時逝歿也

事項|分類・ジャンル

雑歌|枕詞|恋情|女歌|歌物語|伝承

校異

歌【西】謌|盤->磐【尼】【類】【紀】|->登【代匠記精撰本】

寛永版本

さにつらふ[寛],
きみがみことと,[寛]きみかみことと,
たまづさの,[寛]たまつさの,
つかひもこねば,[寛]つかひもこねは,
おもひやむ[寛],
あがみひとつぞ,[寛]あかみひとつそ,
ちはやぶる,[寛]ちはやふる,
かみにもなおほせ,[寛]かみにもおほすな,
うらへすゑ[寛],
かめもなやきそ[寛],
こひしくに[寛],
いたきあがみぞ,[寛]いたむわかみそ,
いちしろく[寛],
みにしみとほり,[寛]みにしみてほり,
むらきもの[寛],
こころくだけて,[寛]こころくたけて,
しなむいのち[寛],
にはかになりぬ[寛],
いまさらに[寛],
きみかわをよぶ,[寛]きみかわをよふ,
たらちねの[寛],
ははのみことか[寛],
ももたらず,[寛]ももたらぬ,
やそのちまたに[寛],
ゆふけにも[寛],
うらにもぞとふ,[寛]うらにもそとふ,
しぬべきわがゆゑ,[寛]しなむわかゆへ,

巻数

第16巻

作者

車持娘子

タイトルとURLをコピーしました