万葉集3810番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3810番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3810番について

歌番号

3810番

原文

味飯乎|水尓醸成|吾待之|代者曽<无>|直尓之不有者

訓読

味飯を水に醸みなし我が待ちしかひはかつてなし直にしあらねば

かな読み

うまいひを|みづにかみなし|わがまちし|かひはかつてなし|ただにしあらねば

カタカナ読み

ウマイヒヲ|ミヅニカミナシ|ワガマチシ|カヒハカツテナシ|タダニシアラネバ

ローマ字読み|大文字

UMAIHIO|MIZUNIKAMINASHI|WAGAMACHISHI|KAHIHAKATSUTENASHI|TADANISHIARANEBA

ローマ字読み|小文字

umaihio|mizunikaminashi|wagamachishi|kahihakatsutenashi|tadanishiaraneba

左注|左註

右傳云|昔有娘子也|相別其夫望戀經<年>|尓時夫君更<取>他妻|正身不来徒贈褁物|因此娘子作此恨歌還酬之也

事項|分類・ジャンル

雑歌|歌物語|物語|伝承|怨恨|恋愛|失恋|女歌

校異

無->无【尼】【類】【古】|羊->年【類】【古】【紀】|娶->取【尼】【類】【古】

寛永版本

うまいひを,[寛]あちいひを,
みづにかみなし,[寛]みつにかみなし,
わがまちし,[寛]わかまちし,
かひはかつてなし,[寛]よはかつてなし,
ただにしあらねば,[寛]たたにしあらねは,

巻数

第16巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました