万葉集3887番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3887番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3887番について

歌番号

3887番

原文

天尓有哉|神樂良能小野尓|茅草苅|々々<婆>可尓|鶉乎立毛

訓読

天にあるやささらの小野に茅草刈り草刈りばかに鶉を立つも

かな読み

あめにあるや|ささらのをのに|ちがやかり|かやかりばかに|うづらをたつも

カタカナ読み

アメニアルヤ|ササラノヲノニ|チガヤカリ|カヤカリバカニ|ウヅラヲタツモ

ローマ字読み|大文字

AMENIARUYA|SASARANONONI|CHIGAYAKARI|KAYAKARIBAKANI|UZURAOTATSUMO

ローマ字読み|小文字

ameniaruya|sasaranononi|chigayakari|kayakaribakani|uzuraotatsumo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|宴席|恐怖|動物|誦詠|異界

校異

波->婆【尼】【類】【古】

寛永版本

あめにあるや[寛],
ささらのをのに[寛],
ちがやかり,[寛]ちかやかり,
かやかりばかに,[寛]かやかりはかに,
うづらをたつも,[寛]うつらをたつも,

巻数

第16巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました