万葉集3812番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3812番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3812番について

歌番号

3812番

原文

卜部乎毛|八十乃衢毛|占雖問|君乎相見|多時不知毛

訓読

占部をも八十の衢も占問へど君を相見むたどき知らずも

かな読み

うらへをも|やそのちまたも|うらとへど|きみをあひみむ|たどきしらずも

カタカナ読み

ウラヘヲモ|ヤソノチマタモ|ウラトヘド|キミヲアヒミム|タドキシラズモ

ローマ字読み|大文字

URAHEOMO|YASONOCHIMATAMO|URATOHEDO|KIMIOAHIMIMU|TADOKISHIRAZUMO

ローマ字読み|小文字

uraheomo|yasonochimatamo|uratohedo|kimioahimimu|tadokishirazumo

左注|左註

右傳云|時有娘子|姓車持氏也|其夫久逕年序不作徃来|于時娘子係戀傷心|沈臥痾エ|痩羸日異忽臨泉路|於是遣使喚其夫君来|而乃歔欷流渧口号斯歌|登時逝歿也

事項|分類・ジャンル

雑歌|恋情|女歌|歌物語|伝承

校異

特に無し

寛永版本

うらへをも[寛],
やそのちまたも[寛],
うらとへど,[寛]うらとへと,
きみをあひみむ,[寛]きみをあひみる,
たどきしらずも,[寛]たときしらすも,

巻数

第16巻

作者

車持娘子

タイトルとURLをコピーしました