万葉集3788番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3788番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3788番について

歌番号

3788番

原文

無耳之|池羊蹄恨之|吾妹兒之|来乍潜者|水波将涸|[一]

訓読

耳成の池し恨めし我妹子が来つつ潜かば水は涸れなむ|[一]

かな読み

みみなしの|いけしうらめし|わぎもこが|きつつかづかば|みづはかれなむ

カタカナ読み

ミミナシノ|イケシウラメシ|ワギモコガ|キツツカヅカバ|ミヅハカレナム

ローマ字読み|大文字

MIMINASHINO|IKESHIURAMESHI|WAGIMOKOGA|KITSUTSUKAZUKABA|MIZUHAKARENAMU

ローマ字読み|小文字

miminashino|ikeshiurameshi|wagimokoga|kitsutsukazukaba|mizuhakarenamu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|歌語り|物語|恋愛|三男一女|悲嘆|地名|奈良|橿原

校異

->昔【尼】【類】【紀】|イ【西(上書訂正)】【尼】【類】【古】

寛永版本

みみなしの[寛],
いけしうらめし[寛],
わぎもこが,[寛]わきもこか,
きつつかづかば,[寛]きつつかくれは,
みづはかれなむ,[寛]みつはかれなむ,

巻数

第16巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました