万葉集3775番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3775番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3775番について

歌番号

3775番

原文

安良多麻能|等之能乎奈我久|安波射礼杼|家之伎己許呂乎|安我毛波奈久尓

訓読

あらたまの年の緒長く逢はざれど異しき心を我が思はなくに

かな読み

あらたまの|としのをながく|あはざれど|けしきこころを|あがもはなくに

カタカナ読み

アラタマノ|トシノヲナガク|アハザレド|ケシキココロヲ|アガモハナクニ

ローマ字読み|大文字

ARATAMANO|TOSHINONAGAKU|AHAZAREDO|KESHIKIKOKORO|AGAMOHANAKUNI

ローマ字読み|小文字

aratamano|toshinonagaku|ahazaredo|keshikikokoro|agamohanakuni

左注|左註

右二首中臣朝臣宅守

事項|分類・ジャンル

天平12年年紀|恋情|悲別|女歌|心変柜り|狭野弟上娘子

校異

特に無し

寛永版本

あらたまの[寛],
としのをながく,[寛]としのをなかく,
あはざれど,[寛]あはされと,
けしきこころを[寛],
あがもはなくに,[寛]あかもはなくに,

巻数

第15巻

作者

中臣宅守

タイトルとURLをコピーしました