万葉集3643番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3643番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3643番について

歌番号

3643番

原文

於吉敝欲里|布奈妣等能煩流|与妣与勢弖|伊射都氣也良牟|多婢能也登里乎

訓読

沖辺より船人上る呼び寄せていざ告げ遣らむ旅の宿りを

かな読み

おきへより|ふなびとのぼる|よびよせて|いざつげやらむ|たびのやどりを

カタカナ読み

オキヘヨリ|フナビトノボル|ヨビヨセテ|イザツゲヤラム|タビノヤドリヲ

ローマ字読み|大文字

OKIHEYORI|FUNABITONOBORU|YOBIYOSETE|IZATSUGEYARAMU|TABINOYADORIO

ローマ字読み|小文字

okiheyori|funabitonoboru|yobiyosete|izatsugeyaramu|tabinoyadorio

左注|左註

一云|多妣能夜杼里乎|伊射都氣夜良奈

事項|分類・ジャンル

遣新羅使|天平8年年紀|羈旅|山口|上関町|望郷|異伝

校異

特に無し

寛永版本

おきへより[寛],
ふなびとのぼる,[寛]ふなひとのほる,
よびよせて,[寛]よひよせて,
いざつげやらむ,[寛]いさつけやらむ,
たびのやどりを,[寛]たひのやとりを,

巻数

第15巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました