万葉集3626番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3626番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3626番について

歌番号

3626番

原文

多都我奈伎|安之<敝>乎左之弖|等妣和多類|安奈多頭多頭志|比等里佐奴礼婆

訓読

鶴が鳴き葦辺をさして飛び渡るあなたづたづしひとりさ寝れば

かな読み

たづがなき|あしへをさして|とびわたる|あなたづたづし|ひとりさぬれば

カタカナ読み

タヅガナキ|アシヘヲサシテ|トビワタル|アナタヅタヅシ|ヒトリサヌレバ

ローマ字読み|大文字

TAZUGANAKI|ASHIHEOSASHITE|TOBIWATARU|ANATAZUTAZUSHI|HITORISANUREBA

ローマ字読み|小文字

tazuganaki|ashiheosashite|tobiwataru|anatazutazushi|hitorisanureba

左注|左註

右丹比大夫悽愴亡妻歌

事項|分類・ジャンル

遣新羅使|天平8年年紀|挽歌|転用|古歌|笠麻呂|羈旅|悲別|望郷|広島|倉橋島

校異

倍->敝【紀】【細】

寛永版本

たづがなき,[寛]たつかなき,
あしへをさして[寛],
とびわたる,[寛]とひわたる,
あなたづたづし,[寛]あなたつたつし,
ひとりさぬれば,[寛]ひとりさぬれは,

巻数

第15巻

作者

丹比大夫

タイトルとURLをコピーしました