万葉集3614番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3614番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3614番について

歌番号

3614番

原文

可敝流散尓|伊母尓見勢武尓|和多都美乃|於伎都白玉|比利比弖由賀奈

訓読

帰るさに妹に見せむにわたつみの沖つ白玉拾ひて行かな

かな読み

かへるさに|いもにみせむに|わたつみの|おきつしらたま|ひりひてゆかな

カタカナ読み

カヘルサニ|イモニミセムニ|ワタツミノ|オキツシラタマ|ヒリヒテユカナ

ローマ字読み|大文字

KAHERUSANI|IMONIMISEMUNI|WATATSUMINO|OKITSUSHIRATAMA|HIRIHITEYUKANA

ローマ字読み|小文字

kaherusani|imonimisemuni|watatsumino|okitsushiratama|hirihiteyukana

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

遣新羅使|天平8年年紀|広島|三原|羈旅|牫侄げ|魂触り

校異

特に無し

寛永版本

かへるさに[寛],
いもにみせむに[寛],
わたつみの[寛],
おきつしらたま[寛],
ひりひてゆかな[寛],

巻数

第15巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました