万葉集3769番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3769番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3769番について

歌番号

3769番

原文

奴婆多麻乃|欲流見之君乎|安久流安之多|安波受麻尓之弖|伊麻曽久夜思吉

訓読

ぬばたまの夜見し君を明くる朝逢はずまにして今ぞ悔しき

かな読み

ぬばたまの|よるみしきみを|あくるあした|あはずまにして|いまぞくやしき

カタカナ読み

ヌバタマノ|ヨルミシキミヲ|アクルアシタ|アハズマニシテ|イマゾクヤシキ

ローマ字読み|大文字

NUBATAMANO|YORUMISHIKIMIO|AKURUASHITA|AHAZUMANISHITE|IMAZOKUYASHIKI

ローマ字読み|小文字

nubatamano|yorumishikimio|akuruashita|ahazumanishite|imazokuyashiki

左注|左註

右八首娘子

事項|分類・ジャンル

天平12年年紀|枕詞|後悔|恋情|悲別|女歌|中臣宅守

校異

特に無し

寛永版本

ぬばたまの,[寛]ぬはたまの,
よるみしきみを[寛],
あくるあした[寛],
あはずまにして,[寛]あはすまにして,
いまぞくやしき,[寛]いまそくやしき,

巻数

第15巻

作者

狭野弟上娘子

タイトルとURLをコピーしました