万葉集3482番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3482番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3482番について

歌番号

3482番

原文

可良許呂毛|須蘇乃宇知可倍|安波祢杼毛|家思吉己許呂乎|安我毛波奈久尓

訓読

韓衣裾のうち交へ逢はねども異しき心を我が思はなくに

かな読み

からころも|すそのうちかへ|あはねども|けしきこころを|あがもはなくに

カタカナ読み

カラコロモ|スソノウチカヘ|アハネドモ|ケシキココロヲ|アガモハナクニ

ローマ字読み|大文字

KARAKOROMO|SUSONOCHIKAHE|AHANEDOMO|KESHIKIKOKORO|AGAMOHANAKUNI

ローマ字読み|小文字

karakoromo|susonochikahe|ahanedomo|keshikikokoro|agamohanakuni

左注|左註

或本歌曰|可良己呂母|須素能宇知可比|阿波奈敝婆|祢奈敝乃可良尓|許等多可利都母

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|恋愛|序詞

校異

特に無し

寛永版本

からころも[寛],
すそのうちかへ[寛],
あはねども,[寛]あはねとも,
けしきこころを[寛],
あがもはなくに,[寛]あかもはなくに,

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました