万葉集3366番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3366番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3366番について

歌番号

3366番

原文

麻可奈思美|佐祢尓和波由久|可麻久良能|美奈能瀬河泊尓|思保美都奈武賀

訓読

ま愛しみさ寝に我は行く鎌倉の水無瀬川に潮満つなむか

かな読み

まかなしみ|さねにわはゆく|かまくらの|みなのせがはに|しほみつなむか

カタカナ読み

マカナシミ|サネニワハユク|カマクラノ|ミナノセガハニ|シホミツナムカ

ローマ字読み|大文字

MAKANASHIMI|SANENIWAHAYUKU|KAMAKURANO|MINANOSEGAHANI|SHIHOMITSUNAMUKA

ローマ字読み|小文字

makanashimi|saneniwahayuku|kamakurano|minanosegahani|shihomitsunamuka

左注|左註

右十二首相模國歌

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|神奈川県|鎌倉|稲背川|地名|恋愛

校異

泊【元】【類】【古】伯

寛永版本

まかなしみ[寛],
さねにわはゆく[寛],
かまくらの[寛],
みなのせがはに,[寛]みなのせかはに,
しほみつなむか[寛],

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました