万葉集3461番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3461番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3461番について

歌番号

3461番

原文

安是登伊敝可|佐宿尓安波奈久尓|真日久礼弖|与比奈波許奈尓|安家奴思太久流

訓読

あぜと言へかさ寝に逢はなくにま日暮れて宵なは来なに明けぬしだ来る

かな読み

あぜといへか|さねにあはなくに|まひくれて|よひなはこなに|あけぬしだくる

カタカナ読み

アゼトイヘカ|サネニアハナクニ|マヒクレテ|ヨヒナハコナニ|アケヌシダクル

ローマ字読み|大文字

AZETOIHEKA|SANENIAHANAKUNI|MAHIKURETE|YOHINAHAKONANI|AKENUSHIDAKURU

ローマ字読み|小文字

azetoiheka|saneniahanakuni|mahikurete|yohinahakonani|akenushidakuru

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|女歌|恋情|妻問媿|怨恨

校異

特に無し

寛永版本

あぜといへか,[寛]あせといへか,
さねにあはなくに[寛],
まひくれて[寛],
よひなはこなに[寛],
あけぬしだくる,[寛]あけぬしたくる,

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました