万葉集3367番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3367番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3367番について

歌番号

3367番

原文

母毛豆思麻|安之我良乎夫祢|安流吉於保美|目許曽可流良米|己許呂波毛倍杼

訓読

百づ島足柄小舟歩き多み目こそ離るらめ心は思へど

かな読み

ももづしま|あしがらをぶね|あるきおほみ|めこそかるらめ|こころはもへど

カタカナ読み

モモヅシマ|アシガラヲブネ|アルキオホミ|メコソカルラメ|ココロハモヘド

ローマ字読み|大文字

MOMOZUSHIMA|ASHIGARAOBUNE|ARUKIOHOMI|MEKOSOKARURAME|KOKOROHAMOHEDO

ローマ字読み|小文字

momozushima|ashigaraobune|arukiohomi|mekosokarurame|kokorohamohedo

左注|左註

右十二首相模國歌

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|神奈川県|足柄|女歌|恋情|皮肉|揶揄|民謡|歌謡

校異

特に無し

寛永版本

ももづしま,[寛]ももつしま,
あしがらをぶね,[寛]あしからをふね,
あるきおほみ[寛],
めこそかるらめ[寛],
こころはもへど,[寛]こころはもへと,

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました