万葉集3365番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3365番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3365番について

歌番号

3365番

原文

可麻久良乃|美胡之能佐吉能|伊波久叡乃|伎美我久由倍伎|己許呂波母多自

訓読

鎌倉の見越しの崎の岩崩えの君が悔ゆべき心は持たじ

かな読み

かまくらの|みごしのさきの|いはくえの|きみがくゆべき|こころはもたじ

カタカナ読み

カマクラノ|ミゴシノサキノ|イハクエノ|キミガクユベキ|ココロハモタジ

ローマ字読み|大文字

KAMAKURANO|MIGOSHINOSAKINO|IHAKUENO|KIMIGAKUYUBEKI|KOKOROHAMOTAJI

ローマ字読み|小文字

kamakurano|migoshinosakino|ihakueno|kimigakuyubeki|kokorohamotaji

左注|左註

右十二首相模國歌

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|神奈川県|地名|鎌倉|稲村が崎|序詞|恋情

校異

特に無し

寛永版本

かまくらの[寛],
みごしのさきの,[寛]みこしのさきの,
いはくえの,[寛]いはひえの,
きみがくゆべき,[寛]きみかくゆへき,
こころはもたじ,[寛]こころはもたし,

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました