万葉集3465番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3465番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3465番について

歌番号

3465番

原文

巨麻尓思吉|比毛登伎佐氣弖|奴流我倍尓|安杼世呂登可母|安夜尓可奈之伎

訓読

高麗錦紐解き放けて寝るが上にあどせろとかもあやに愛しき

かな読み

こまにしき|ひもときさけて|ぬるがへに|あどせろとかも|あやにかなしき

カタカナ読み

コマニシキ|ヒモトキサケテ|ヌルガヘニ|アドセロトカモ|アヤニカナシキ

ローマ字読み|大文字

KOMANISHIKI|HIMOTOKISAKETE|NURUGAHENI|ADOSEROTOKAMO|AYANIKANASHIKI

ローマ字読み|小文字

komanishiki|himotokisakete|nurugaheni|adoserotokamo|ayanikanashiki

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|恋情|女歌

校異

特に無し

寛永版本

こまにしき[寛],
ひもときさけて[寛],
ぬるがへに,[寛]ぬるかへに,
あどせろとかも,[寛]あとせろとかも,
あやにかなしき[寛],

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました