万葉集3469番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3469番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3469番について

歌番号

3469番

原文

由布氣尓毛|許余比登乃良路|和賀西奈波|阿是曽母許与比|与斯呂伎麻左奴

訓読

夕占にも今夜と告らろ我が背なはあぜぞも今夜寄しろ来まさぬ

かな読み

ゆふけにも|こよひとのらろ|わがせなは|あぜぞもこよひ|よしろきまさぬ

カタカナ読み

ユフケニモ|コヨヒトノラロ|ワガセナハ|アゼゾモコヨヒ|ヨシロキマサヌ

ローマ字読み|大文字

YUFUKENIMO|KOYOHITONORARO|WAGASENAHA|AZEZOMOKOYOHI|YOSHIROKIMASANU

ローマ字読み|小文字

yufukenimo|koyohitonoraro|wagasenaha|azezomokoyohi|yoshirokimasanu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|女歌|妻問媿|恋情

校異

特に無し

寛永版本

ゆふけにも[寛],
こよひとのらろ[寛],
わがせなは,[寛]わかせなは,
あぜぞもこよひ,[寛]あせそもこよひ,
よしろきまさぬ[寛],

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました